北鎌尾根

0


    久しぶりに、山の話です。

    懐かしい山の映像がありました、槍ヶ岳の北鎌尾根。

    この映像は夏山ですが、私が登ったのは雪と氷の世界、厳しい時期でした。

    この山を登ったのは20代の若い頃。

    本当に死にかけた山ですのでよく覚えています。


    近代登山の黎明期に数々のドラマを生んだ槍ヶ岳北鎌尾根。
    山を志す者であれば、この峻険な岩稜の踏破に憧れを抱かない者はいないと思います。


    稜線を登り始めた時、雷鳴とともにあられが降り始め、頬や毛髪に静電気を感じあわてて岩陰に身を伏せた。

    雷雲の真っ只中にいたらしい、稲妻と同時に雷鳴。

    直撃を食らわないように祈りながら、かなりビビった。

    この時期に雷とは、異常な天気でした。

    無事に帰れるのか?


    独標と言う場所でしかテントが張れる場所がないのですが、行きつかなかった。

    テントをひと張りできる突き出てた平地を何とか見つけて幕営。

    周囲は絶壁。

    各自ザイル確保しながら野営しますが、全身横になれず足は絶壁に投げ出して寝た。

    夜半、風雪強くなり、テントごと足が浮き上がって眠れず朝を迎えてしまった。

    テントごと飛ばされそうな強い風は、恐怖でした。

    深い暗い谷底からゴーゴーと音を立てる風音は今でも覚えています。

    北鎌尾根はゴジラの背びれのような岩壁が登っても登っても続く、左右は吸い込まれそうな深い谷。

    朝から岩を登り続け、気が休む暇もありません。

    お互いザイルで結びあっているので、もし相方が右の谷に落ちたらすぐに左の谷に飛び降りて確保。

    谷底まで、1000丹幣紊老擇ある深さです。

    映像を見たら、様子がわかると思います。

    よく生きて帰って来たと今でも思います。

    実は、雪山に登ったのはこの北鎌尾根が初めてでした。

    アイゼンでの岩登り練習を数回やっただけでした。 

    フリークライミングを結構やっていたので岩登りには自信がありましたが・・・今覚えれば無謀な登攀でした。

    登攀道具・テント・寝袋・ザイル・食料・その他、装備の重量は約60繕瓩ありました。

    この山登りが、その後の登山に大きな影響を与えてくれました。

    それから、単独登山を行うことで山登りの世界を広げて行ったきっかけにもなりました。


    何度か死にかけた事はありましたが、乗り越えることが山登りのだいごみでしょう。

    あきらめたり、途中でやめたら死ぬだけですので逃げられません。

    最後まで頑張って生きて帰る・・・これは鉄則です!!

    しかし、山は乗り越えても、人生を乗り越えるのは大変だー。 ^^;


    夏山ならまた登りたいですが、今は、体力的に無理かな? 



    若い頃に頑張って山に登った事・・・今はいい思い出です。 ^^






    とらひげ



    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.28 Saturday
      • -
      • 00:42
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      profile

      Contact

      ■1stアルバム『風の民』
      ■2ndアルバム『空と大地』
      CDのご購入
      ■ライブのご依頼 等
      ピミエンタへのお問い合わせは、pacha-mama*hotmail.co.jpへお願いします。
      ※クリックでメールは送れません。お手数ですが、メールの宛先欄にコピー&ペーストして、*を@に変えて送信してください。

      categories

      selected entries

      archives

      recent comment

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      links

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      PR

      recommend

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM